結婚に夢見るのは良いことだが

最近ではあえて結婚という道を選ばない人が増えてきていますが、特に女性にとっては、結婚というのは永遠の憧れでもありますよね。彼氏からプロポーズをされて、晴れて結婚という様を夢見ている人も多いのではないでしょうか。ところで、婚約指輪と結婚指輪というのは、シーンも用途もまるで違うものだということを知っていますか?結婚を夢見るものは、どうしても現実を蔑ろにしてしまいがちですが、知らないならまずは結婚の基本とも言うべき指輪の種類の違いを知っておきましょう。

婚約指輪とはどんなものか

まず婚約指輪というのはどういう類いの指輪でしょうか。これは言ってみれば結婚の約束をする際に交わされる指輪です。多くは男性から女性に贈られる指輪ですが、そのお返しに女性が男性に指輪や見返りの品を送ることもあります。さて、婚約指輪は結婚を約束している、すなわち文字通り婚約時に付けられるものであって、正式に結婚を果たした後は、基本的にはもうつけておくものではありません。大事にケースの中にしまって保管しておくもので、時にフォーマルな場にお呼ばれした時のみ、つけていくという類いのものなのです。

結婚指輪とは何かについて

これに対して、結婚指輪というのはその名の通り結婚した二人がつけるべき指輪のことを言います。結婚式の時に、チャペルなどで神に婚姻を誓う際に指輪交換をするものですが、その時に使用されるのがこの結婚指輪です。なので、婚約をし、婚姻届けを出し、晴れて夫婦となった後に購入するのが一般的となっています。結婚指輪は婚約指輪と違って、日常的に左手の薬指につけておくもので、婚約指輪がフォーマルなのに対して、どちらかといえばカジュアルなものでもあります。

辛いときも健やかな時も一生涯をともに歩んでいきたいと思う相手に贈ったり贈られたりして形に残したものが結婚指輪なのです。

Categories: 未分類

Comments are closed.