水漏れを防止!屋上緑化前の防水加工

都市における環境改善の手段として、屋上緑化が注目を集めています。しかし、屋上の緑化を行うためには、ふさわしい環境が整っていることが条件としてあります。屋上緑化では、屋上の防水性が問題となります。緑化の作業では、屋上で水をよく利用することになるでしょう。もし屋上の防水加工が不十分であると、水漏れを起こすかもしれません。この問題点についての対策としては、屋上の防水工事を行っておけば、問題は解決することができます。

荷重に注意!耐荷重性を確認してから屋上緑化

屋上緑化を行う上で必要である要素の一つとして、屋上の耐荷重性にあります。屋上緑化では、屋上に土や植物を持ち込むことになるでしょう。そうなると、屋上には大きな過重がかかります。もし耐えることができる荷重を超えてしまうと、建物が急激に劣化する恐れがあります。そこで屋上緑化を行う前に、現状でどの程度の荷重に耐えることができるかについて、確認を行っておいた方が確実ですね。重みに耐えることができる事が分かれば、安心して屋上緑化に取り組めます。

屋上緑化に不可欠!屋上に耐根層の構築

植物の根は、時にはコンクリートやアスファルトを壊すほどの威力を持っています。そのため、屋上緑化を行う際には、耐根性について注目が必要です。植物の根に対して耐えることができるかどうかが、建物を保持するための重要なポイントでしょう。植物の根による影響を防ぐため、屋上には耐根シートを用いると、十分に対策する事ができます。しっかりとした耐根層をあらかじめ作っておけば、植物の根が建物を傷めることはありません。

屋上緑化とは、マンションなどの屋上で植物を育てることをいいます。屋上に緑を置くことで、太陽の熱が直接建物に当たらないので、建物の温度の上昇を防ぐことができます。

Categories: 未分類

Comments are closed.